『眠れる美女』

BELLA ADDORMENTATA
イタリア全土を揺るがした尊厳死事件をテーマに愛と生死の深淵を見つめる社会派ドラマ

原案・脚本・監督 マルコ・ベロッキオ 共同脚本:ヴェロニカ・ライモ 、 ステファーノ・ルッリ 製作:マルコ・キメンツ 、 ジョヴァンニ・スタビリーニ 、 リカルド・トッツィー 撮影 ダニエーレ・チプリ 編集 フランチェスカ・カルヴェッリ 音楽 カルロ・クリヴェッリ
出演:イザベル・ユペール、トニ・セルヴィッロ、アルバ・ロルヴァケル、マヤ・サンサ
〔2012年/カラー/シネスコ/115分〕
2009年、17年間植物状態でいる娘の尊厳死を求める両親に対し、延命措置続行の暫定法案を強行しようとするベルルスコーニ首相。議員のウリアーノは自身の愛妻の延命装置を停止させた過去を持ち、そのことで愛娘との間に溝が生まれていた。ウリアーノは法案に賛成するか、反対表明するか決断を迫られていたが…。