『愛の勝利を
ムッソリーニを愛した女』

VINCERE
ムッソリーニとその愛人が辿る数奇な生涯を追って激動の時代を描いた圧巻の映像叙事詩

監督・脚本:マルコ・ベロッキオ 共同脚本:ダニエーレ・チェゼッリ
撮影:ダニエーレ・チプリ 編集:フランチェスカ・カルヴェッリ 音楽:カルロ・クリヴェッリ
出演:ジョヴァンナ・メッゾジョルノ、フィリッポ・ティーミ、ファウスト・ルッソ・アレン、ミケーラ・チェスコン
〔2009年/カラー/ビスタ/128分〕
ファシズムの創始者ベニート・ムッソリーニを愛し続けた女性、イーダの半生を描く。若き社会主義青年のムッソリーニに恋をし、彼への偏執的な愛に殉じたイーダの生涯を凝視し、彼女の目を通してムッソリーニを描くことで、20世紀という時代の命運を透かし彫りにした傑作。